俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2014.06.21  MG ドム <<18:00


mdo12.jpg

だいぶ前に買ったものの長いこと積んじゃってたMGドムを作ってみました。
今回はいろいろと試したいことがあって、ひとつは見ての通りCCDカメラに写りにくい(とされるが実際どうだか知らない)ドットマトリクス迷彩。
塗装にあたってはHIQPARTSのドット迷彩用マスキングテープを使用してます。
本来はもっと複雑に塗り重ねた迷彩なんですが、今回はテストとして単純なドット模様として塗装してみました。

mdo02.jpg

ちなみに最初に塗ってみたのがコレ。(ホコリまみれなのは気にしない)
イマイチ色が明るすぎたので結局ボツに。
このへん色のチョイスはセンスが問われますな。

mdo05.jpg

まずは塗り分けたい部分にちまちまちまちまひたすらマスキングテープを貼り込んでいきます。
あんま複雑な模様じゃないのに正直めんどい!

mdo06.jpg

その上から別の色で塗って、乾いたらマスキングテープをはがせばできあがり。
ここまでやって失敗した時は精神ダメージが尋常でない。

mdo10.jpg

もうひとつは子供の頃誰もが憧れたり憧れなかったりしたモノアイの発光!
現代ではムギ球ではなく、2ミリくらいの超小型チップLEDを使用してます。
便利な時代になったもんですね!

mdo11.jpg

胸には拡散ビーム砲用のLED(画像右下)も入ってます。
こんな小さいのに明るい!のはいいけど小さすぎてハンダ付けがつらい!
またモノアイ用の電池も銅線を通して胸に入れた(画像左)んですが、このサイズなら頭の中に入れちゃっても大丈夫だったかもしれませぬ。
どうせ見えないもんだと思って電池ホルダーはランナーと銅板で適当にでっちあげてみました。

mdo16.jpg

スイッチだけはヘルメットを取った後頭部にインサート。
電飾入れてもいちおう首やモノアイは動きます。
(そもそもドムはほとんど首動かないし)

mdo01.jpg

こちらがキットそのままのドム。
プロポーションは今見てもいいんですが、MG初期のかなり古いキットなもんで合わせ目消しが多かったり可動がつらかったりでさすがにちょっと見劣りしますな。
どうしても1/100のドムが欲しいというわけじゃなかったら、後発のHGUCのがオススメ。

mdo03.jpg

特に最初の画像のように肩にジャイアントバズ担いで両手持ちというのは不可能に近いんで、左肩を前に出せるように簡易的な引き出し関節にしました。
肩関節パーツがちょうど中空になってるので根本にポリキャップを仕込み、切り取ったボールジョイントにプラ棒をくっつけます。

mdo04.jpg

こんな感じで伸び縮みする関節が出来ました。
後でプラ板でフタします。

mdo09.jpg

バズーカ両手持ちする時は、こうして左肩を伸ばすとなんとかグリップに手が届くように。

mdo07.jpg

そしてこちらが完成品。
デジカメは紫の発色が苦手なもんで、実物はもっと赤みがかった紫っぽい色になってます。

mdo08.jpg

バックショット。
今回はこういう塗装なもんでデカールはやや控えめにしてます。

mdo15.jpg

そして苦労の甲斐あってのバズーカ両手持ち!
グリップの持ち方がちょっと怪しいけど、なんとかできたよ!

mdo14.jpg

んなわけでいろいろとテストケースとして作ってみたドムですが、完成してみるといろいろと得るものがありました。
LEDによる発光とドット迷彩はこれからも積極的にやっていきたい所存であります。

mdo13.jpg

No.764 / プラモ / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

Home / NEXラウンダー →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント


このコメントは管理者の承認待ちです
2017.03.18(15:50) / / / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。