俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2013.07.26  MG グフ 2.0 その3 <<21:39


gfu14.jpg

そんなこんなでついに完成!
足回りだけ土汚れがついてるのがおわかりいただけますでしょーか。

gfu22.jpg

正面から。
右手首を差し替えたおかげで左手マシンガンとも釣り合いがとれてます。

gfu19.jpg

傷だらけの正面に対して、背面はダメージ控えめ。
背中への傷は許されない完璧超人のごたる。

gfu21.jpg

逆にシールドは一番傷つけてます。
弾痕はいにしえのガンプラブームより続く伝統技法、線香を押しつけてみました。
ほんでいい感じの弾痕ができたんで調子に乗ってやってたら、うっかりジオンマークを大きくえぐる
しまっつ!やらかした!

gfu20.jpg

肩アーマーも同様に線香で弾痕つけてます。弾痕主義者です。
弾痕やリューターでえぐったキズは、ちょいちょいとエナメル塗料で塗って強調してみました。
トゲもいっそのこと折ったろかと思ってたんですが、最初に尖らせたのがもったいなくて結局折らず。

gfu16.jpg

なかなかポーズがめんどいヒートロッド。
ヒートロッドは軟質素材なせいか、塗っても塗装がボロボロ落ちてくるのがつらい。
モノアイは位置が奥まっててなかなか光を拾ってくれません。

gfu15.jpg

このくらい暗い方が実物の色味には近いかも。
キットのままだとヒジの裏側につくシールドは横側につくよう改造したので、こうして体の前で構えられるようになりました。
今回初めて汚し塗装を試してみたんですが、神経質に塗り分ける必要がなくベタベタ汚していくのはわりと楽しかったですわ。
まあちょっとダメージ表現は調子に乗ってやりすぎた感もなきにしもあらず。
いろいろと学んだことも多いし、またチャレンジしてみたい所存です。

No.754 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2013.07.25  MG グフ 2.0 その2 <<01:34


gfu05.jpg

フレームは特に手を入れずそのまま組んでます。
モノアイのみいつものようにHアイズと交換、光を拾うように下にラピーテープを貼ってます。

gfu06.jpg

フレームの塗装には以前買ってはみたものの、使う機会が無くて長いこと放置してたグラファイトベースメジアムを使ってみました。
これは名前通り炭素系の塗料で、表面になんとも言えないしっとりしたツヤが出ます。
こんないい色ならもっとはよ使っとけばよかった。

gfu07.jpg

ガワは元の色が水色っぽすぎたんで、もっと濃いブルー寄りに塗ってみました。
デカールも貼って普段はこれで完成なんですが今回はこっからが本番、ボチボチと汚していきます。

gfu08.jpg

……つっても汚しに使えそうな塗料なんてエナメルくらいしかないよな~と悩んでたら、パステル持ってたのを突然思い出した。
数年前にいつかは汚し塗装するために世界堂で買っといたのに、存在自体忘れてたわ!

gfu18.jpg

これをを茶こしですり下ろして粉末にした後、何色か混ぜてアルコールで溶いてドロ汚れとして塗りつけていきます。

gfu12.jpg

たぶん滅多に見ることはないであろう中の人も、アクリル絵の具でちょいちょいと塗っときました。
下半身はコクピット開けても見えないので猛然とスルー。

gfu13.jpg


No.753 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2013.07.24  MG グフ 2.0 その1 <<00:50


gfu01.jpg

これまではいろいろとめんどくさげで手を出してこなかったんですが、今回のグフは汚し塗装にチャレンジしようと思っとります。
まずは全身をリューターでズタボロに傷つけるとこからスタート。
巨大ロボが殴り合いケリを入れて岩を投げつけるワイルドな一年戦争時の戦闘なら、このくらい傷ついてもおかしくないっしょ。

gfu03.jpg

このMGグフ2.0はパーツの一部をザクから流用してるんですが、どーも手(画像左)が貧弱で左手バルカンと比べてもアンバランスなもんで、他のものと差し替えることにします。
ビルダーズパーツ(画像中央)はサイズ的には申し分ないものの、指が角張っててイマイチグフには合わないのでパテを盛ってジオンMSらしい丸指に……

gfu02.jpg

ってサラッと書いたけど正直めんどい!
本体もさんざん傷つけたから、表面が多少粗くても目立たないのが救いか。

gfu10.jpg

次は例によって肩のスパイクを尖らせていきます。

gfu11.jpg

毎度いちいちトゲを削るのは面倒なんで、コトブキヤのトゲパーツを買ってきて先端を切って差し替えれば楽になるかも?!と思って試してたんですが、結局一体化させるのに手間がかかってあんま楽にはなりませなんだ。

gfu09.jpg

一番長いスパイクは見ての通り形が違ってこの手も使えず、丸まってる先端を切りとばした後ランナーを貼り付けて地道に削っていきます。

No.752 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。