俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.12.20  タンクタンクロー <<23:10


かれこれ……もう二年近く前に作ったまま放置してたガンタンクをついに、というかやっとこさ塗ってみました。
中身のフレームまできっちり全塗装したけど、装甲つけるとほとんど見えなくなる上に下半身がかなりタイトな構造なもんで、この先もうここまで分解することはなさげです。
最後に記念ヌードを撮っておこう。

gunt10.jpg

背中の金色のはキャノン砲の弾です。
長射程・高威力の砲だと思ってたら口径はザクマシンガンといっしょだったりでよくわからんちん。

gunt11.jpg

装甲を付けるとおもいっきり腰が回らなくなるけど、ガンタンクに派手なアクションポーズつけさすこともないだろし、まあいっか。

gunt12.jpg

今度は装甲を着せて撮ってみました。
一気にオーラが消えて凡人っぽいムードに。

gunt13.jpg

いつもはめんどくさがってMGのパイロットは塗らずにスルーしてたんですが、外から丸見えなガンタンクではそうもいかずアクリル絵の具で塗って…というかおおざっぱに塗った後、はみ出した部分を爪楊枝の先で削り落とす要領で塗装してます。
今回は、右下の腰部分にあるようにマイナスモールド型の金属パーツを初めて使ってみました。
無骨なガンタンクのキャラにはピッタリよ。

gunt14.jpg

んなわけで80個近いキャタピラパーツの処理に悶絶させられたガンタンクもいざ完成してしまえばいい思い出、というかかっこいいですね!
昔は戦車からモビルスーツの上半身が生えた変な奴くらいの認識だったのに。

No.726 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。