俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.07.28  MGグフカスタム その3 <<23:16


guk26.jpg

その後も組立中に口の接着箇所が二回ももげたりと、つるべ打ちのToLOVEるを乗り越えながらなんとか完成!
うおおぉーんエイドリアーン!
本編のグフカスタムはもっと足が長くてシュッとしたプロポーションなんですが、このキットはグフの使い回しなんでかなりガッシリした体型になってます。
でもこれはこれで。

guk23.jpg

オモリのおかげでこのくらいならポーズ付けても立てます。
むしろガトリングシールドの重さに負けて、腕が下がってくるのを心配すべき。
ちなみにヒートロッドは、マヌケっぽい半開きの手首しかついてこなくてイマイチポーズがきまらないんで塗装せず放置しとります。

guk15.jpg

塗装は
白・ガイアノーツ EXホワイト+EXブラック微量
グレー・ガンダムカラー ファントムグレー
シルバー・ガイアノーツ EXシルバー
胸やバックパックはガイアノーツ ジャーマングレー、
ガトリングシールドや関節部はEXブラックの上からかなり薄めたガンメタルをうっすら吹いて、光沢を持たせてます。

しかしファントムグレーを使い果たした後で注文しようとしたら、いつのまにかガンダムカラーがリニューアルして昔のは廃盤になっていた。
き、気に入ってたのに、ファントムグレー……。
似たような色を探してこないと。

guk21.jpg

そんなこんなで、古いキットの仕様に苦しめられつつもなんとか完成までこぎつけました。
マッチョなプロポーションや大迫力のガトリングは今見ても魅力的ですわ。
パーツ数も少なくて塗りやすいけど、合わせ目消しや後ハメが多いのが悩ましい。

No.701 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.27  MGグフカスタム その2 <<22:17


お次は塗装入ります!
本来のグフカスタムよろしく水色で塗ると、よっぽどいい色合いでないとオモチャっぽく見えそうなんでシン・マツナガ(以下シンマツ)みたいな白黒ツートンで塗ることに決定。
しかし改めてシンマツの説明書を見ると白+セールカラー(帆船の帆などに使う布っぽい白)と淡い感じのグレーで色指定されていて、当然そんなん持ってない俺は白と濃いグレーで塗り分けることにするのでした。

guk09.jpg

口もまた別パーツな上にえらいスキマが空いてるんでパテで埋めていきます。
しかも組立の都合上、塗装と合わせ目消しを平行して処理していく必要があるのがめんどい。
結局、動力パイプを後ハメ改造することで処理しました。
……そもそも足やランドセルから生えてるのはまだしも、頭をぐるっと一周してるこの動力パイプはどこに動力を伝えとんじゃいという話ですが。
ハイザックなんか動力パイプ切られるとプシューって気体が出てたし、薄いコクピットハッチになぜか動力パイプが繋がってたりで「動力を伝えてるパイプとそうでないパイプがある」ということなのか。

guk10.jpg

どうにも後ハメできそうにないヒザ横の合わせ目は、しっかりマスキングしてから塗装。

guk11.jpg

ガトリングガンは銃口だけ銃身に合わせてシルバー、他をガンメタルにしたかったんでシルバーで塗装した後銃口をマスキングしてガンメタルで塗ってます。

guk06.jpg

おもいっきり肉抜きされてスカスカな、ガトリングシールドのこのパーツもどうにかしないと……。
ここはパッケージの完成写真でもいさぎよく丸出しになってます。

guk07.jpg

とりあえずプラ板をべったり貼って埋めときます。
後は塗ったりデカール貼ったりでなんとか目立たないように。

guk12.jpg

グフカスはそのガトリングシールドのせいでバランスが悪く、立たせとくだけで明らかに上半身が左へ傾いとります。
左腕が重いマスターグレードNo.1ちゃうか?こいつ。
さらに古いキットなんで足首の接地も微妙で、ぐぐってみると関節を改造したり諦めて直立させたりとみんな苦労してる模様。
とりあえず対策として股関節軸の周りを削って足を大きく開けるようにし、靴底にオモリを入れることにしました。
最初は粘土でも詰め込もうかと思ってたけど、昔のプラモ改造記事で釣り用のオモリを使ってたのを思い出し近所のホームセンターで購入。
ちょうど靴の中にけっこうなスペースがあったので、パテで埋め込むと如実に足首の安定感がアップ。
すごいぜ昭和のテクニック!
……今なら立たないガンプラはスタンドで浮かせちゃうよね。
ダブルーオーライザーの足にオモリ入れて立たせようとか思わんし。

guk17.jpg

モノアイはダイソーのメタリックテープ7本セットを丸く切った上から、H-アイズを貼り付けます。
こうすると元のH-アイズや別売の高価なモノアイパーツより強く輝き、テープの色によってモノアイの色にも変化がつけられる上コストパフォーマンスも抜群。
ロマン・かがやくエステールよ。

guk13.jpg

アイツの目に光が蘇った!

No.700 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.26  MGグフカスタム その1 <<23:44


guk16.jpg

以前、ガンプラ30周年記念としてMGのオマケにクリアパーツと工場見学ができるポイントがついてくるキャンペーンが展開されており、これがヤフオクだとそこそこの値段で落札されてるのを見て
「もしかしたらオマケだけオクに流せばMG本体が安く手に入るんじゃ?」
つるセコ的な発想がひらめいて買い漁ったことがありました。
(実際、タダ同然で手に入った)
その後長いこと積みっぱなしだったんですが、せっかくなんでまずはパーツ数が少なくてサクッと組めそうなグフカスタムから手を付けてみることに。

guk02.jpg

しかしそれは考えが甘かった……。
なにしろ最初期に発売されたMGだけあって、現行のと比べるといろいろと不親切な構造になっとります。
最近のキットでは作りやすいように工夫されてる動力パイプもこの通り。

guk03.jpg

こいつをひとつひとつヤスリがけしてった日には発狂しかねないんで、ランナーやつまようじにブッ刺してまとめときます。
さらに脇腹の動力パイプは可動の邪魔にならないように伸び縮みするスプリングで接続するつもりだったんですが、動力パイプに関係なく装甲が邪魔で腰がほとんど回らないのに気づいて早々にあきらめました。

guk04.jpg

さらに大胆なモナカ割りのパーツも多く、肩アーマーもしっかり合わせ目消しが必須です。
これもグフ2.0なら一体成形で作られてるのに。技術の進歩は凄いな!

guk05.jpg

肩アーマーのスパイクは先端を切り取った後、ランナーで延長した上で削ってピンピンに尖らせます。
……真ん中のはともかく、尖った円錐状のスパイクパーツはコトブキヤから発売されてるのを思い出した。完成した後に。
今度ザクのたぐいを作るときは絶対使おう。

guk08.jpg

腕も合わせ目がジグザクに走っててやたら埋めにくいんでパテ盛っては削り、盛っては削りを繰り返してしっかり処理しときます。

guk01.jpg

ひさしの真ん中の部分は別パーツになってて、ここもスキマがあるんでひたすらパテ埋め。
とここまででもけっこうな数の合わせ目処理をしてきたんですが、本当にしんどいのはここからでした……

No.699 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.20  安土盛り <<23:59


姉ちゃんにスナックパインをもらったんでモリモリ食べてました。
一粒ずつちぎって食べられるのがウリだけど、正直ふつうに切った方が食べやすいよな……。
にしても芯までやわらかくて甘いのは素晴らしい。
俺がカブトムシだったらしがみついて離さんぞ。

しかし調子に乗って食べてると、ものすごい勢いで口がヒリヒリしてくるのがつらい。
『へうげもの』でパイナップル出されてブチ切れてた家康さんも、もし「せっかくのもてなしだし一口くらいは……あれ?意外とおいしい?」とパクパク食べてたらやがて口がしびれてきて、「うっ!?まさか毒を盛られたか?」とあらぬ騒ぎを起こしてたことでしょう。

No.696 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.19  別領域の刃 <<23:00


アナログ停波が目前に迫った今日この頃ですが、ここ最近どうも地デジの受信状況が悪くて録画も失敗する始末。
これまではウチじゃ室内アンテナでも余裕だったというのに。
なんとか受信レベルの高いところを探そうと、部屋の中で室内アンテナをあれこれと動かしてるうちに気がついた。
低い所に置く方が断然受信レベルが高い!
アンテナは高い方がいい、という常識を覆す逆転の発想。
現在は床に置いた状態で完全に安定してます。どうなっとんじゃい。



No.697 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.14  サガミオリジナル <<23:29


PSP用公式ライセンス品 液晶保護フィルム『液晶保護プロテクトフィルム[防指紋仕様]』PSP用公式ライセンス品 液晶保護フィルム『液晶保護プロテクトフィルム[防指紋仕様]』
(2010/11/30)
Sony PSP

商品詳細を見る


なんか評判がよさげなのを見っけたんで、PSPの液晶保護フィルムを新しいのに交換してみました。
この手のフィルムはPSPの液晶のせいで左端の方が浮いちゃうことがよくあったけど、これは薄いせいかピッタリ張り付いてつけてる気がしないくらい。
まるで生感覚。
これまで使ってたダイソーの液晶保護フィルムはノングレアだったから、新フィルムは光沢なのも美しい。
ただこのフィルムにもひとつだけ問題が。
画面が暗転するたびになんかキモい顔が画面に映るよ!
助けて百太郎!
この点ではダイソーのが圧倒的にアドバンテージがあったわ……。
思わぬ盲点。

No.695 / ゲーム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.13  やった!ニューV作戦 <<22:54


masu30.jpg

新しいマスクが届いたんで(画像左側)いままでのと比べてみました。
……外装が砕けてるのはもとより、色からして見るからに違うぞ。
一番びびったのは新品は肌に接触するゴム状の部分がかなり堅かったこと。
今まで使ってたのはフニャフニャにくたびれとります。
通販で安いお店もみっけたとこだし、これからはもっと早めに取り替えよう。
この店、安いのはいいけど前の送り状がそのまま貼られた使い回しの箱で送られてきたのにはへこんだ。
そんくらい剥がしとけ!

No.694 / 模型工具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.09  ミスJBSコンテスト <<23:24


復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇
(2003/12/05)
ナサニエル・フィルブリック

商品詳細を見る


『復讐する海』という本を読んでました。
メルヴィルの『白鯨』のモデルになった、太平洋でマッコウクジラの逆襲を受けて沈められた捕鯨船のクルーの物語です。
こちらは船が沈められた後も乗組員は全員生き残り三艘のボートに乗り移ったものの、人食い人種を恐れるあまり(しかし実際には人食い人種はいなかったことは、当時でも知られていた)近くの島ではなく遠く南アメリカ大陸をめざし、食糧が尽きてついにはくじ引きで仲間をひとりずつ殺して食い合うという極限状況にまで追い込まれることに。
前半では活気溢れる捕鯨の島や初めて漁に出る少年の興奮、実際に鯨を捕らえ解体するプロセスが生き生きと描かれてます。
ガラパゴス諸島に立ち寄った際は保存が利く便利な食料としてゾウガメを大量に捕まえてて、そりゃ絶滅寸前になるわ!という気も。
それだけに飢えと渇きに苦しめられながら、あてどない漂流を続ける後半がキツい。
途中で無人島を発見するもののわずか数日で食料を取り尽くしてしまい、残留を申し出た三人を除いてふたたび海に出ます。
最終的に(本編ではプロローグでも描かれている)貴重な栄養源となった仲間の骨を握りしめているところを他の船に発見されるという、命が助かったのになんのカタルシスもない重いオチで幕を閉じます。

んで、読み終わった後ふとカバーのはじっこを見ると『装丁 青木澄江』の文字が。
ん?青木澄江?もしかして『ジャンプ放送局』最初期メンバーの青木さんか!?三段腹の!
集英社の本だし、ぐぐってみたら現在は雑誌の表紙デザインなどを手がける会社を経営してるみたいなんで間違いないっぽいです。
25年ぶりくらいに名前見たわ!

No.693 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.04  ネック・ザ・キリング <<21:56


昨日、ひさしぶりに親戚の家に行くことになり(最近はずっと向こうから来てた)、そういや4年前ネタにした猫にも久しぶりに会えるな~、デジカメ持ってくりゃよかったと再会を楽しみにしてました。
で、ひさびさに会ってみるとどうも様子がおかしい。
なんと背中の毛がザックリと禿げて、皮膚が大きく露出した痛々しい姿に。
ど、どうした!赤カブトの軍団でも攻めてきたのか!?
聞けば近所の野良猫との争いで傷ついたみたいで、そりゃ猫同士の争いなら人間が口を挟む筋合いはねーな!と思った次第です。
よく猫を家の中に閉じこめて飼うのはかわいそうだという人がいるけど、現実には生きて行くのがきびちい世界ですわ。
ちなみに野良猫の方は死んだぽいです。

No.692 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.01  マスカーワールド <<22:57


masu10.jpg

ここ二年ほど愛用していた塗装用マスクなんですが、プラスチック部分がシンナーに犯されたのかヒビが入ってパリパリ割れはじめ、ゴムの部分からはなんかわけのわからないい茶色の液体がしみ出してくるという恐ろしい世紀末的様相を呈してきたんで、新しいのを買うことに。

masu20.jpg

ちょうどアマゾンで関東圏送料無料で安いショップをみっけて、さっそくカートに入れるとワンピース…はともかくキムワイプやら模型関連グッズが表示されるのは流石というか。
そんじゃカードで決済……できない。アレ?
どうやら在庫表示されててカートには入るけど、実際には売り切れてる模様。
ウギャー!騙されたー!
バギンズめ!にくむ、にくむ、いつまでも、にくむぅ!
もう送料込みでも似たような値段の、よそのお店で買っちゃったからいいもんね。
二度と使わん(このショップは)!

No.691 / 模型工具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。