俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.05.27  美しきチャレンジャー <<00:44


imas.jpeg

アイマスの筐体のプラモが発売されると聞いてちょっと心揺らぐ。
俺にとってアイマスと言えば、教習所に通ってたころ近くのゲーセンでよくルールもわからないままに遊んでたアーケード版だかんね。
もう初回からずっとあずささんをプッシュしてたもんね!
田舎のひなびたゲーセンなのによくあんなもん入れたな、今思えば。
XBOXから入った人も多いだろうに、今更アイマス筐体のプラモ出すのもけっこうなチャレンジャーですが!


No.684 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.05.08  超光戦士シャンピニオン <<22:11


夕飯作るのにマッシュルーム買いに行ったら、スーパー三軒はしごしたのに売ってない!
やっぱり田舎だからか?
このへんの人はキノコが食べたくなったら裏山に分け入ってテキトーに取ってくるのが普通だからか?

madam.jpg

とか思ったら四件目でようやく大発見!
ありがとうマダムシャンピニオン!
つーか、マダムシャンピニオンって誰?
検索してみたらこの販売元のホワイトマッシュルームイメージキャラクターで、他にもブラウンマッシュルームイメージキャラクターたるムッシュシャンピニオンもいるみたいですが、公式サイトを見ても詳しい情報はナッシング。
マダムシャンピニオンのキャラ設定とか載ってると思ったのに。実はバツ2だとか。
いっそマダムシャンピニオン主役の萌え四コマとか連載していただきたい。

No.682 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.05.07  さらばラジオ会館 <<22:29


トレジャーフェスタの後は秋葉原へ。
閉館間際のラジオ会館を最後に目に焼き付けっぞ!
以前も書いたようにここ数年は立体モノの店舗がやたら充実して、秋葉原に行ってもこことヨドバシだけ回って帰ることも珍しくなかったんで寂しくなりますわ。
ここのボークスとかもう何十回通ったことか。
STEINS;GATEの聖地巡礼もできなくなっちゃうし!

tore21.jpg

しかし震災の影響で壁にヒビが入り、階段の一部が板張りになってるのを目の当たりにするとさすがに限界かという気が…。
建て直した後に大多数のテナントは戻ってくる予定だとはいえ、、一種独特のレトロで怪しげなムードのあの建物が失われるのはひとつの時代が終わった感が。
喫茶東洋閉店以来のショック。

No.681 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.05.06  Treasure sniper <<21:48


トレジャーフェスタ行ってきました。
前回行けなかった上、最近はワンフェスも幕張に移動したんでこれが実に一年ぶりのビッグサイト。
おかげでゆりかもめがどっから出るのかど忘れして、「汽笛一声新橋を~♪」と鉄道唱歌をパタリロが歌ってたのを思い出して思い出す始末。

tore20.jpg

んで、ひさびさのビッグサイトは照明も電光掲示板もカットされてやや薄暗いムード。動く歩道も動かない。
しかしこのくらいなら別に困らないからどうでもいいわよ!
昔が明るすぎた。
今回のトレジャーフェスタは……というか次回のワンフェスが震災の影響で版権受付が中止になったせいかけっこう人手が多く、以前ならガラガラになるような時間帯でも賑わってました。
やっぱりイベントっていいもんですね。
会場の様子は例によって例のごとく、キレイな画像載っけてるサイトがごまんとあるから検索して見とけ!



No.680 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.05.02  とっびま~ん <<23:37


charity_green.png

近代麻雀ストアのチャリティーTシャツに片山まさゆきが爆岡を描いてたのはちょっと驚いた。
ミーコじゃないのか、そこは…。
サイバラが浮いとるやないか。
ルールすらちゃんと把握してない俺だけど、『ノーマーク爆牌党』はこれまでに読んでて一番興奮した麻雀マンガですわ。
ギャグを挟みつつも一戦一戦の緊張感が凄まじく、できることなら連載時に先が見えない状態で読みたかったくらい。
中でも鉄壁が爆牌に開眼する一連のシーンは痺れっぱなし。
最終回では片山作品でよくあるパターン通りどこかへ姿を消した爆岡ですがなぜか画商になってた理想雀士みたいに、今頃は他ジャンルでよろしくやってるんでしょーか。


No.679 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。