俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.09.30  美しき魔人 <<23:57


学校帰りっぽい男女二組の高校生がラーメン屋に入っていくのを見て、微笑ましいのう、俺にもあんな若いころが(男子校だからなかったけど)……と思いつつお前ら魔人學園の生徒か!ともつっこんでました。
主人公はどこ行った。
しかし育ち盛りの高校生とはいえ、学校帰りにラーメン喰った後でさらに夕食が腹に入るのか?
運動部の連中は余裕にしても、菩薩眼のヒロインは……入るな、うん。

それで思い出した。マウスの使いすぎとかで手が若干腱鞘炎ぽくなると、腕を怪我して100%の力で妖糸を使えない時の秋せつらみたいな気分になるよね。
え?ならない?なぜならない!


No.647 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.29  十手はなんでも知っている <<23:03


半七捕物帳〈1〉 (光文社時代小説文庫)半七捕物帳〈1〉 (光文社時代小説文庫)
(2001/11)
岡本 綺堂

商品詳細を見る


ホームズと平行して和製ホームズと謳われる『半七捕物帳』も読んでます。
この手の捕物帳もののハシリとされる作品ですが、怪事件の謎解き要素もあって今読んでもおもろい。
主人公の新聞記者が幕末に岡っ引として活躍した老人の回想を聞くという形式で、時節柄西洋人が絡んだ事件も登場します。
江戸の緻密な風俗描写に加え、今や遠い昔となってしまった明治の様子も描かれてるのが楽しい。
その反面地に足の着いた地味な事件が多く、オチは老人の口からサラリと説明されるだけで終わることもあり、ヤングなメンにとっては刺激が弱いかもしれません。
テレビの時代劇では派手な展開になりがちですが、『銭形平次』も原作を読んだときは(戦後のチャンバラ禁止令の影響もあってか)一向にバトルが始まらず「はよ銭を投げんかい!」とヤキモキしてたもんだし。
初めて読んだマゲものがエロスとバイオレンスが横溢する『鬼平犯科帳』だったから、勘違いしてたよ!
前に「マゲものが好きな女子は淫乱」って書いたけど、あれはなんの根拠のない偏見でした!ごめんなさい!
でも池波正太郎が好きなよしのんは間違いなく淫乱。

No.646 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.27  うわらば <<23:11


そういや以前パチンコ屋の広告を見てたら
「CR北斗の拳・アミバーサリーイベント開催中!」
と、どデカく書かれてたのを唐突に思い出しました。
ア、アミバーサリー!?
アレなの?アミバ様の命日?シュミ特でめでたくトップ取った記念?
入場者全員に新しい秘孔をひとつサービス!

しかしバイトしてたからわかるけど、こういうイベントって「今日は○○の日!」とか銘打っておいて実はいつも通りで特に何のサービスもないこともあるからチューイせよ。

No.645 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.25  世界のラジオ会館 <<23:20


もうすでにあちこちで話題になってますが、ラジオ会館閉館のニュースはススムちゃん大ショック。
明らかにくたびれたビルだったし、立て替えが必要なのもわかるけど!
自分も秋葉原行くと真っ先にラジオ会館に足を運んでたんで、いろいろと思い出深いです。
特に最近はプラモ・フィギュア・ドールとここだけで立体モノは完璧に揃う1+2=パラダイスだったというのに、幸せは長くは続かないもんですね!
これだけ常時ガレージキットやドールの完成品が見られるのなんて、世界でここくらいなもんよ。
さすが世界のラジオ会館だ!
しかし東京都は何をやってるんだ?
外国人ツアー客もやってくる一大観光名所のピンチなんだから、こういう時こそ積極的に動くべき。
イベント会場としては微妙な秋葉原UDXよりこっちをなんとかして下さいよ!
UDXのいいところと言ったら、トイレが空いてる上綺麗なとこぐらいよ。
でっかいトイレ建てたようなたもんよ。

No.644 / 玩具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.22  異人館村 <<21:32


alt100.jpg

着せ替え代わりにフィギュアの首をすげ替えたり、足をナマ足のパーツと交換しよう……とかいろいろ遊んでて気づいた。
戦前に六人の姉妹を殺し、切断したその肉体の一部を合わせて「アゾート」と呼ばれる完璧な肉体を持つ女性を作ろうとした事件があったけど、これってアゾートそのものじゃないか!
占星術殺人は本当にあったんだ!
殺してないけど。

No.642 / 玩具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.21  トカゲのおっさん <<22:03


朝、雨戸を開けたら軒下にトカゲを発見。

tokage.jpg

なんかハラがだらしない感じ。
その時は気づかなかったけど、よく見りゃ尻尾が新しくなってますね。
手足を吹っ飛ばされた後、再生して服だけ破れてるクレイモアみたいでかっこいい!のか?
昔は家の周りでヤモリもちょくちょく見かけたのに、最近はあんま見ないです。
イモリは未だにテレビで見るけど。



No.641 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.18  チャイナシンドローム <<23:55


くだんのシャーロック・ホームズ全集を読んでたら、当時描かれた挿絵で重病のホームズがマスオさんみたいな縦縞のパジャマを着てたのにはちょっと和んだ。
縞のパジャマってこの頃からあったのか!
wikiを見たらインドの民族衣装をイギリス人が寝間着として用いたのがパジャマのはじまりみたいだけど、元々こんなベタな縞模様じゃなかったはず。
満州事変の頃小学生が描いたマンガで、すでに中国人の語尾が「~ある」「~よろし」だったのを見たとき以来の衝撃。

No.640 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.17  すごいソフトはセガサターンから <<23:39


gear04.jpg

これが件のゲームギア版レイアース2どす。
パケ絵にウェディングドレス姿の海ちゃんがいるの見て、やっと俺と結ばれるんだね!と感激したのもいい思い出。
レイアース2イラストコレクションに大きく載ってるんで、そっちを見てください。
しかしやっぱレイアースのゲームといえばサターン版ですよ。
かってキャラゲーといえばクソゲーの代名詞だったもんですが、ゲーム機の性能が向上するに従いアニメの雰囲気に近い優れた作品も徐々に増え始めていました。
そしてついにレイアースが次世代機であるサターンで登場!
開発はあの『ファンタシースター』のスタッフだ!
ムービーも声もアニメそのまま!
むしろ作画は本編より勝ってる!
丁寧に描かれたゲーム中のSD版ドットもかわいらしいぞ!
ストーリーは原作の途中までだけど、エメロード姫倒したとこで終わってるからむしろ原作よりスッキリ!
オリジナル展開も豊富でアスコットが死ぬのは海ちゃん好きな俺にはむしろご褒美だ!
アクションRPGながらボスに負け続けるとボスキャラが弱くなっていくシステムで、ゲームが苦手な女の子にも安心!
ん?小さい女の子にサターンはちょっと無理だって?
後に『なかよし』がプッシュしてたドリームキャストのアキハバラ電脳組に比べりゃ、はるかにマシだわ!
大きいお友達にはDQのちいさなメダル的な隠しアイテムを集めるやりこみ要素もあるぞ!
それまでセガハードにおけるキャラゲーの最高峰だったかどうかは知らんが、結構いいデキだったメガCDの『うる星やつら』を超えた!
とこんにちの目で見ても充分通用する素晴らしいキャラゲーでした。
ちなみにオマケとしてついてたパワーメモリー用のステッカーは未だに貼ってあります。

sata.jpg

No.639 / ゲーム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.14  希望は僕らの最後のGEARさ! <<23:47


こないだのネタがきっかけでゲームギアの本体を引っ張り出してみました。

gear01.jpg

レイアースパックを。
レイアースバカにすんな!
俺なんか未だに海ちゃんと結婚したいわ!
ちなみにこの本体とセットになってるゲームはアレですが、後に発売された『レイアース2』はプリメみたいな育てゲーで(まともに遊べる分だけ、ゲームギアとしては)良作です。
グラフィックがかわいい。

gear02.jpg

ゲームギアのバッテリーは単3が6本で3時間しか保たないという鬼、というか鬼神もこれを避けるような仕様なのでもっぱらアダプターを使って遊んでました。
というか、電池入れたことないかも。
ファミコンのアダプタなんかがまんま使えますが、今回はPCエンジンスーパーCD-ROM2のを使用。
……しかしデカいな!
ファミコンのよりさらにふた周りくらいデカい。

gear03.jpg

接触の悪いアダプタに四苦八苦しながらやっと電源を入れたら、液晶が3分の1死んでる!
ただでさえ「え……これ売っていいの?」というレベルのモヤモヤした見づらい液晶で、これでアクションやシューティングをプレイするのは自殺行為だったんですが、こうなるともう無理。
ちなみに画像の『ロイヤルストーン』は九月姫のかわいらしいキャラクターが特徴的なSRPGですが、無実の罪で島流しにされた主人公が世間の非難に晒されながら戦い続けるという、ビジュアルとは裏腹な陰々滅々としたストーリーが展開されます。
特にライバルの娘は主人公を誤解したまま戦いとなって死に、死霊になって再戦しやっと誤解が解けるという救われなさ。

スピーカーが十字キーの下にあるんで、左手からモゴモゴ音が聞こえてくるのはなんともえもいわれぬような感覚。
PSPと比べてうんぬん書こうとしたけど、これじゃそんな気力も起きん……。
しかしこの進歩を目の当たりにすると、10年後の携帯ゲーム機はどうなってるかは楽しみですね。
と、とってつけたように終わる。

No.638 / ゲーム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.09.11  ニュータイプ戦士ジャミル・ニートの巻 <<21:54


MSVで思い出した、ジオン軍のエースパイロットってどいつもこいつも百何十機ものMS撃墜記録が残ってるけどどう考えてもおかしいだろが!
ジムとボールが大量投入されて、MS同士の大規模戦闘が生起したのは戦争末期のソロモンとア・バオア・クーくらいだというのに。
そんな中ザクキャノンのパイロット、イアン・グレーデンの航空機34機・車両71台・MS2機という数字はMSの既存兵器に対する優位、そして敵MSはそんな落としてない(支援機だし、地球だし)あたりにリアリティが感じられます。
太平洋戦争中も実際に敵艦を沈めたか?という確証を得るのは困難で、戦闘後偵察機を飛ばして再確認するほどで終戦後やっと誤りに気づいた事例もありました。
さらに戦況が悪化すると「実はアレって本当は撃墜してなかったかも…」と疑念を抱いても言い出しにくいムードになり、ついつい戦果を過大に報告しがちでそれが後の作戦に悪影響を与えることになりました。
ミノフスキー粒子下での撃墜確認はさらに困難で、前述の理由で戦果も過大報告されることになり終戦後の混乱の中で検証されることもなかったのでしょう。
これで実はニュータイプって本当にいるのかも!と勘違いされて戦後研究が始まったかと思うと罪深い話ですな。
若くしてハンバーガーショップの店長になったくらいでティターンズに入れられたり。


No.636 / オガンダム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。