俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.07.31  敗北の色 夜の色 <<23:31


で、いよいよ時間とともに会場になだれ込んだわけですが…。
なんと今回は真っ先に向かったディーラーがまだ設営中、次に向かったディーラーが売り切れ、そして最初のディーラーに戻ったらすでに売り切れとまさかのダブルプレー。
最初のディーラーでおとなしく待ってりゃこんなことには……。
徹夜疲れによる思考能力低下+焦りが招いた悲劇か。
二番目に向かったディーラーは言っちゃなんですがマイナーなとこだっただけに、まさか売り切れるとは思わず完全に心が折れました。
その後、限定品を求めてグッスマのブースに向かうも開場早々列整理打切(=完売)。
ここは後から通販でも買えるのに、なんでこんな並んでるのん?
量産がきかないことと、当日版権に個数の制限があることから一般ディーラーのアイテムはよくて数十個、悪けりゃヒトケタしか出ない世界とはいえここまで何も買えなかったことはなかったのにススムちゃん大ショック。

ちなみに展示品に関してはほとんど撮影してまへん。
ワンフェスのレポートを載せてるサイトは他にいくらでもあるんでそちらをどうぞ。
よっぽど気に入ったかマイナーなアイテムでもない限り、自分で撮らなくてももっとキレイな画像で見られるし、どうせならじっくり肉眼で観察しといた方がいいかと思って。
企業ブースなんかどうせ雑誌なりサイトに120%載るのに、先のグッスマブースではカメラを向ける人が後を絶たず見物すらままならない状態でした。ひいぃ。

(つづく)

No.493 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.30  幕張の空は青いか <<23:37


イベント疲れからようやく立ち直ったので、ワンフェスのリポートを書いてみる。
昨年の事故でビッグサイトを追われ今回は幕張メッセでの開催、しかもメッセ行くのは初めてなもんでかなりのアウェー感を覚悟しつつ出発。

wfw91.jpg

とか言いながら、電車の中では上野までぐっすり熟睡。
これまででも類を見ないぐっすりっぷりでした。
東京駅で降りた後、京葉線のホームへと移動したんですがこれがやたら遠い!
エスカレーターと動く歩道をさんざん乗り継いだのに着きゃしないし。
調べてみたところ、もともと成田新幹線用に作られたホームを流用したもんでこんな僻地に飛ばされたようです。
そのせいで翌日ピンチに陥るとは、この時は予想だにしてなかったのでした……。
しかし去年、深夜のゆりかもめに乗った時は夜景がキレイだったな~。
車内にギアスとダブルオーの番宣ポスターが貼ってあったあたりも流石というか。

wfw92.jpg

そんなこんなで午前1時頃ついに幕張駅に到着。
とにかく風が強い!夜空を見上げると、ものすごい勢いで雲が流れてます。
地理がわからず、あたりも真っ暗なもんでとりあえずこの人たちについてけば間違いないだろ、と大声で八方備仁について熱く語り合う二人組をストーキングしつつ進む。
そしてついに幕張メッセまで到達、したけどまだ並んでる人いないし。
メッセ前のセントラルキャフェテリアに何人か固まってるくらいで、他にはちらばってウロウロしてるのを見かけるだけでした。

wfw93.jpg

そんなら5時頃まではしばらく避難しとこうかと、あらかじめ調べといた地上48階のネットカフェへと向かいます。しかしホテル内にある店舗なので、俺みたいな馬の骨が気軽に入って行くにはハードルが高い。
玄関で足止めされるんじゃないか?とおびえつつホテルに入り、エレベーターで昇ってったんですがっ・・ダメ!満員!
席に空きが出るまで待とうかと思ったら、ダメ押しで店員さんに朝まで空きそうにない、と言われてすごすご退散。

wfw94.jpg

しょーがなく先ほどのセントラルキャ、キャフェテリアに戻って時間を潰すことに。
周りではスチール製の堅い椅子でグースカ寝てる人もいましたが、こんなとこで寝られるわけないだろ・・・と思ったらけっこう寝られた
3時頃、それまで人気がなかったメッセ前に突然大量の人が流れ込み、またたくまに大行列が出現。
どっから湧いて出たの、この人ら?
と思ったけどまた寝る。眠いし。

wfw95.jpg

4時を過ぎた頃、列に並ぶとまもなくスタッフさんに誘導されてゾロゾロと移動します。
メッセを囲む歩道に並ばされたんですが、街路樹のおかげで直射日光が届かず・風も涼しく長時間炎天下に晒されるこの季節のイベントにしてはかなり快適。
ただコンビニや公衆トイレが遠くて補給しづらいのが難点か。
夏のイベント時には凍ったペットボトルを用意してくれる、ビッグサイト周辺コンビニのありがたさを改めて思い知ります。
ふと周りを見てみるとワンセグや携帯ゲーム機で時間を潰す人が多い中、ビニールシートを引いたりはたまた枕ひとつで地面に寝転がって、少しでも体力を温存しようと眠る剛の者がチラホラ。
かの宇宙海賊キャプテンハーロックは「寝るのも戦士の仕事のうちだ」と語ってましたが、この光景を目の当たりにすると納得ですわ。
これが男だ!台羽よ。

(つづく)

No.492 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.24  星が流れる夜 人は変わるの <<21:28


前に「爆笑問題が前説でもいいからまた人形劇やらんかな、NHK」
とか言ってたら本当にやりやがった!
しかも田中ピン。
これはチェックしとこう。
三谷幸喜は、まあ、実を言うとあんま合わないんですけど俺。

No.491 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.23  黒い天使がまいおりた!の巻 <<22:47


pins.jpg

100円ショップの商品でもプラモ作りに使えるものは数多いんですが、刃物など精度が求められるアイテムは正直使い物になりまへん。
しかし画像手前のネイルアート用ピンセットはごらんの通り、先端がが刺さりそうに尖ってて(というか、実際に刺さる)マスキングテープを貼ったり剥がしたりに大活躍してます。
「よく刺さる!ピンセット」ってキャッチコピーで売ってけるね!
平松伸二のマンガならこれを武器にするキャラが出てくるね!
こりゃええわい、と思ってもうひとつ買ってみたら新しいのはぜんぜん刺さんない……。
ぱっと見いっしょなのに、先っちょだけは尖ってませんでした。
なんでマイナーチェンジしちゃったんでしょうね。
……やっぱ刺さるから?
こりゃ他のピンセットを探さんと、と思って検索してみたらマスキングテープ用ピンセットの特許が出願されてるのを発見。
こりゃ欲しいかも。


←and more
No.490 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.21  セメントス長老 <<23:33


cement.jpg

パーツの合わせ目消しをする際、以前は左のタミヤセメントを使っとりました。
しかし接着剤を何度も塗り重ねるのがめんどくて右の流し込み接着剤に転向。
こっちは質感がサラサラしていて、パーツの隙間に流し込むだけで合わせ目が消せます。
乾燥が早く、接着跡を処理するのもカンタンといいことずくめ。
あらぬ所に接着剤が流れ込んだりすることもあるけど、むしろ初心者はこっちから始めた方がラクかも。



←and more
No.489 / 模型工具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.20  夜歩く <<23:50


いよいよワンフェスまで残り一週間!
という今頃になって、書こうと思ってそのまま放置してた昨年のワンフェスネタを思い出したんで今やります。

wfg.jpg

昨年は前日仕事が終わった後、そのまま電車で上京→マンガ喫茶で時間を潰してからおもむろにビッグサイトへというタイトなスケジュールだった(というか今回も…)んですが、さらに近くにマンガ喫茶がなくって豊洲から四駅歩くという強行軍を敢行するハメに。
マンガ喫茶で「打姫オバカミーコ」を読みつつしばらく時間を潰した後、出発。

wfg03.jpg

…しかし深夜の人通りがない、独特の空気感が漂う有明を歩くのはけっこう楽しい。
途中で猫が飛び出してきてビビったり、牛丼屋で明らかに同好の士っぽい人たちがたむろしてるのを発見しつつひたすら歩きます。

wfg04.jpg

湾岸線まで出たらあとひと息。
夜中でも見間違えようのないシルエットが姿を現します。

wfg05.jpg

そして国際展示場駅に到着してホッと一息……ついたんですが、もういっぱい人並んでるうううぅぅぅぅぅっっっ!
到着したのは午前四時、剛の者はとっくに並んでる時間だろけどさすがに多すぎるわ。

wfg06.jpg

で、肝心のワンフェス自体はどうだったかというと疲れちゃって結局あんま買い物できず、早々に帰るハメに……
くだんのエスカレーター事故もウチに帰るまでぜんぜん知らなかったのでした。
どうりでやたら遠回りの順路を歩かされたわけだ。
ガツガツ買い物するつもりがなかったら、前日は余裕を持ってゆっくり来た方がいいよ!

No.488 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.14  紹介しよう オレが信頼をおく悪党ども <<21:37


一般的にプラモ作りといえばランナーからパーツを切断→接着→塗装というプロセスが思い浮かぶんでしょーが、実際やってみると大きなウェイトを占めるのがヤスリがけ。
ランナーから切り離した跡をヤスリがけ、
合わせ目消しでヤスリがけ、
安全基準により丸くなってるガンダムのアンテナをヤスリがけ、
パーティングライン(金型の継ぎ目からはみ出した部分。要はタイ焼きのはじっこ)をヤスリがけ、
とひたすらヤスリがけの日々。
普通にキットを組むだけでこれだから、改造でもした日にゃどうなることやら。
塗装の次くらいに時間がかかる工程ですわ。
(逆にガンプラなら、接着はパーツの合わせ目消し以外ほとんどしなくてオッケー)

しかしジュアルは地味

そんなめんどいことこの上ないヤスリがけも、この「ヤスリほう台」があればラクラク。
こいつはプラスチック製のコテに粘着シートで紙ヤスリをはりつけて使うアイテムで、ひっぺがせば何度でも再利用できます。
むしろこの粘着シートだけ売ってくれ!という感じ。
コテ型なのでただの紙ヤスリよりはるかに使い勝手がいい上、粘着シートに適度な弾力があってさらに削りやすく。
欠点といえばちょっと大きめなもんで、ウッカリすると余計なとこまで削っちゃうとこか。
別途小さいパーツ用のを用意しとくといいかもしれません。
なんでテレビショッピング的な展開なんだ、今日は。

No.487 / 模型工具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.13  ライザーソード!空を切り裂く聖なる剣 <<23:21


try11.jpg

その後、トランザムライザーも塗り残した部分をちまちま塗ってみました。
とりあえず全身赤で派手にスミ入れ。

try14.jpg

顔の脇のスリットもがんばって塗ってます。
ガンダム顔はこういうちまちま塗り分ける箇所が多くて、非常にめんどい。
これがザクだったらそうそう悩まないってのに。
しかしくだんのガンダムはここが別パーツになってて、塗り分けは必要ナッシングです。さすがだ。

try15.jpg

襟元と胸ダクトもアンテナと同じスターブライトゴールドで塗装。
おかげでロマン・かがやくエステール、いい感じに光ってるんですがたまにアゴの下から光が反射して怖いことになってます……。

try12.jpg

とりあえずこれで完成ちゅーことで。
さっくり組むとか言ってたわりには結構がんばっちゃったつーか、がんばった我々テンパイ即リーワーイワーイつーか。


No.486 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.12  アッと驚くこの品揃え <<23:22


筆塗りする時はいつもインターロンの形状記憶筆を使ってるんですが、世界堂に行ったらば短軸のが売ってなかったもんで、かわりに長いのを買ってきました。

inter.jpg

……うん、長い。
「そりゃモナリザも驚くわ」的なことを書く気になれないくらい長い。
ま、切り詰めて使やいいんですけどね。
コトブキヤだと同じのが倍の値段で売られてるし……。

No.485 / プラモ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.11  グランプリホワイト <<23:22


mgg03.jpg

このキット、白いパーツはややアイボリーっぽく黄色のパーツはオレンジがかってたりと、成形色もちょっと凝った色合いで塗装せずそのまま組んでもいい感じになりそうです。

mgg04.jpg

しかし青はちょっと水色っぽすぎるかも。
……そういや大昔持ってた、アニメのガンダムそっくりなセル画が描ける!というトレスキット(と呼ぶのもはばかられるようなオモチャ)じゃ、ガンダムもジムよろしくかなり緑が混じった白だったのを思い出したよ。
当時はアニメのカラー自体あんま種類が無く、サンライズには赤のカラーチャート自体が存在しなかったもんでシャアザクも無理矢理ピンクで仕上げてた、と永野護が言ってました。
リックディアスやサザビーは後に開発された新色で塗られとります。
だいたい赤けりゃシャア専用つっても、ガンキャノンだってほとんど赤だろが!
色数少ないのに、レギュラーロボでもろかぶり。

No.484 / MGガンダム ver2.0 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。