俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.02.19  Don't look back  <<22:59


三国志 第6巻 (6)三国志 第6巻 (6)
(2007/09)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る


前にもネタにした宮城谷三国志の続きを読んどります。
強固な勤王思想を抱く呂布、虚名ながら名声は高い袁術、孔明の登場でやっとクローズアップされる影の薄い劉備と通り一辺倒でないキャラ描写が新鮮。
正史準拠のため演義ではあんま触れられないようなマイナーキャラまで丁寧に描かれてて読み応えありますが、挙兵当時から従っていたこともあって曹操軍の武将で一番活躍してるのが史渙(後に曹仁)なのはどうか。
作者の嗜好として文官メインなため、死んでから初めて名前が出てくる典韋など武将はちょっぴり冷遇がちです。
三国志モノは正史までひととおり読んじゃったよ、という人が次に手を出すにはオススメ。ただし三国時代までの中国史をざっくり知らないとサッパリついてけなかったりと、なかなか手強いですハイ。

No.451 / 雑記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.02.10  新しいスーツV2 <<23:27


いかにも背景を見てほしげな画像


これまで長いこと17インチCRTで耐え凌いできた我が家も、ついにFP222WH-V2を導入。
3マンくらいの安液晶ですが、ネカフェに置いてあるような微妙液晶なんかに比べるとぜんぜんマトモに映って感心ですわ。もちろんデスクトップもものすご広がって快適。
しかしめちゃくちゃ軽いっすね、コレ!
いくら液晶つっても、箱持った時中身入ってんのこれ?と不安になるような軽さ。
『ブラックジャック』で猛吹雪を避けるためタンスを押しながら進むエピソードがあったけど、これならものすごい勢いで天高く飛ばされそう。
アスペクト比が固定できるんでゲームも問題茄子。
さらにHDMIで次世代ゲーム機も繋げちゃうわとよりどりみどり。
しかし↑BenQのサイトでもなぜかpdfファイルであんま使うな、と断ってるようにオマケ程度の機能なのか、16:9モードで表示しようとするとはじっこがちょっぴり切れちゃうみたいです。
そして動画はさすがにちょっと微妙。
ま、ブラウン管TVに出力して見ればいっか。
そんなこんなでわりあい満足なんですが、出荷時の色味がかなり微妙だったのと慣れ親しんだCRTとの質感の差がやっぱり気になって、このへんなんとかしたろうと一日中設定いじってました。
こんだけガンマ値いじってたら明日からでも即ガンマ団に入れるな。
あ~、でも同性愛者に厳しいのはちょっと困るかも。

No.450 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。