俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.10.29  シーマ様がみてる <<22:19


以前にもネタにした『U.C. ARMS GALLERY』の第三弾を手に入れたよ!
コレ、発売当時買い損ねてたんですが最近手つかずのを発見したもんで、さっそく保護してきました。

みてる?


なぜかMIAじゃ出てない、ガーベラテトラのビームマシンガンがラインナップ。
デキ自体はなかなかよいです。

意外といいかも


とりあえず、微妙に似合うヤクトドーガに持たせてみる。
実を言うとHCM-Proは武器が微妙に小さめなんで、こういう持ち替え用の武器は重宝します。

マガジンが意味もなく金属製


お次はクレイバズーカ。
このシリーズ、ハヤトが館長をしてたケネディ戦争博物館の展示品って設定なんですが、ZのMSまで出しちゃってもいいんでしょーか。
まー、博物館は誰かがハヤトの後を次いだんでしょう。
誰?オスカー?マーカー?ジョブジョン?

DEKEEEEEEEEEE


こっちもHCM-Proに…って、さすがにでかすぎだ。

先端だけ別パーツ


こっちは電撃ホビーのフロクについてきたヘイズル用ビームライフル。
見比べるとわかるように、実はほとんどMkIIのビームライフルを流用したブツです。

No.243 / オガンダム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.26  戦わなければ生き残れない! <<22:53


鏡なんて壊すほど


今日も今日とて神姫ネタ。
仮面ライダー龍騎のDXライドシューターがピッタリと聞いて、早速近所のリサイクルショップで手に入れてみたよ。焦ってうっかり状態が悪いの買っちゃったけど気にしない!
足下がちょっとタイトですがたしかにピッタリ座れます。

未来っぽいデザイン


劇中じゃミラーワールド突入時に乗るだけで影の薄いライドシューターも、こうやって改めて見てみるとかっこよさげかも。デザイン的にカーブ曲がれませんが。
こうしてシートが持ち上がるギミックも再現されてます。

アウチ


ただし、劇中ではゆっくり持ち上がるシートも玩具ではものすごい勢いのスプリングギミックでハネ上がります。腰のジョイントで固定できるライダーと違って、神姫をのっけてるとおもいっきり吹っ飛ばされるからチューイせよ。

No.242 / 武装神姫 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.24  武装神姫ピリオド <<00:35


ついこないだ武装神姫の素体単品で出せばいいのに、と書いたらさっそくコナミスタイル限定で発売決定したよ!
ついでに四弾の試作品も発表されてて、三種類ともわりとタイプかも!
フォートブラッグは砲撃モードのギミックがかこいい!
でも単体で完結してて他の神姫とはからませにくそうだ!
ジルダリアはOKAMAの元デザインと比べるとちょっとボリューム不足かも!
モチーフもなんだかよくわかんないし!植物らしいけど!
ジュビジーは本命!ワキワキしそうなクローアームがいい!
ピーキーでクリーチャーっぽいデザインのメカ娘なんて最高だ!
とテンション高めに語ってみたワケですが、2・3弾が個人的にはちょっぴり微妙だっただけにぜひこの調子でがんばっていただきたい。

No.241 / 武装神姫 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.23  ヘブンイレブン <<23:46


かれこれ一年ほど前、ヤフーとセブンイレブンの業務提携ってニュースを聞いたのに今になってもいっこうに始まる気配がないのはどういうワケか。
ウチはど田舎なもんでヤフオクに頼らざるを得ない上、近場にはセブンイレブンしかないから落札品の受け渡しができると聞いてけっこう期待してたというのに。
Yahooゆうパックが使えるローソンやファミマは遠いし!
これはやっぱアレか、なかったことに?立ち消え安全装置?

No.240 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.22  じごくを みれば <<22:34


うさうさ


さらにEXウェポンセットのヴァッフェバニーもゲトー。
EXウェポンセットとは神姫の交換用ヘッドと武装のセットで、ボディとスタンドがついてこない代わりにたいへんお求めやすい価格となってます。
さっそくストラーフのボディにつけてみたよ。

警察カラーっぽい


もちろんアーンヴァルのそれにも装着可能。
特殊部隊っぽい装備のヴァッフェバニーはガトリングガンやサブマシンガンなどの銃器が豊富で、これさえあれば火器はかなり充実するのがうれちい。

ブレードアタック


背中にはマチェットを装備。
バックパックのブレードも可動してポーズをつけられます。

しり


そしてあらゆる意味で最大の特徴がこのヘッドで、下ろした状態のゴーグルパーツや

赤い眼鏡


顔半分を覆うマスクも装着可。

コーホー


両方つけるとレッドショルダー隊員のいっちょあがり。

むせる


……あらゆる意味で、と言ったのは最初のリンク見て気づいた人もいるかもしれないけど、実はいままでの画像のヴァッフェバニーにはまつげを描き加えてます。ホントは商品のまんまだとかなり微妙な顔してるんで、こうやって↓武装だけぶんどってヘッドは生首のまんま放置してる人も多いよな。
かくいう俺も、もう買ってきた当日に即リペイントしちゃったもんでもともとどんな顔してたか忘れてるよ!




他の神姫に比べて小顔で髪型といい大人びた顔立ちで、こういう濃いめのメイクが似合うだけに今の顔はけっこう気に入ってるんですが、製品版まんまだとやっぱその、正直キツい。
まつげをちょっと描いてやるだけでだいぶ変わるんで、部屋に生首が転がってる方は試してみてはいかがでしょーか。
巨乳パーツや長めの足首なんかはやっぱ本人がいちばん似合うと思うので。




あと、この襟が後ろ髪のジャマをして他のヘッドをつけ難かったり、バックパックを装着する時もパーツが干渉したりと設計的にちょっと微妙な点が。
画像では干渉する箇所を削ってます。




んなわけで、武器パーツとしては満足なもののヘッドはちょっと微妙なヴァッフェバニーでした。
しかしこういう武器+ヘッドのセットだと必然的にあぶれる生首が出てくるんで、やっぱドールやミクロマンみたいに素体単品を発売して欲しいな~と思う次第であります。

No.239 / 武装神姫 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.20  やりすぎてしまうかもしれん <<22:28


金髪さん


前回の武装神姫・ストラーフに続いて同時発売のアーンヴァルをご紹介。
こっちもストラーフと同時に購入してたんですが、ワケあって(後述)撮影するのが遅れてました。

ぺたり


ストラーフとは対照的な白を基調としたボディに金髪のアーンヴァルは、後ろ髪のパーツを交換することでショートカットにできます。
さらにこの素体のウリとして、股関節を引き出すことで体育座りが可能。
なんでコレを前回やんなかったかっつーと、フトモモの塗装がハゲるのが怖くてできなかったのよ。(白は成形色のまんま)
こっちも結局腰の塗装がハゲたけどな!




飛行タイプのアーマー装着。
パッと見がハデで複腕を動かせたりと「遊べる」ストラーフに対し、地見目でチマタの人気度はびみょいアーンヴァルですがこれはこれで悪かないかと。
ただ、全身が白一色でのっぺりした感じなもんで各部にスミ入れしてます。(それで撮影が遅れてた)
…しかしやりすぎたか?ちょっぴり。

ギロリ


目深なバイザーもかっこいいけどこれが地味感をアップさせてるよーな気も。

バスターロック


巨大なバスターランチャーはグリップひとつで持たせるのは難しく、ビームサーベルのパーツを利用して両手で保持させてます。
これも製品のままだと寂しいんで各部の塗装とスミ入れ済みです。

黒手袋にブーツっぽい


このシリーズ、素体自体は共通でこうやってパーツを入れ替えるだけでかなり新鮮な印象に。組み合わせて遊ぶには最高だヨ!
しかし<第二弾がいきなり獣娘、三弾は騎士と続編のデザインラインがそれぞれバラバラすぎるのはちょっとどうか。
パーツも組み替えづらいし、最初はメカ型に絞ってバリエーションを出していくのはもっと後でも良かったような。

No.238 / 武装神姫 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.19  ディスパイダー <<21:21


わらわら


ゾイド・カスタムブロックスのハルパースを買ってみたよ。
カスタムブロックスとは低価格の小型ゾイドで変形して他のゾイドの武器となる、まさに現代のトランスファイターゾイドです。って、なんつーイヤな例えを…。
しかしイモムシ型の『ガーニナル』というネーミングセンスは実に秀逸。

意外といいかも


早速ゴジュラスにくっつけてみる。
こんな感じでかなりハッタリのきいたクローアームになります。

ゴテゴテしすぎだ


この通り武装神姫にもピッタリ。
実はコレやりたさに手に入れたんだよ!
バスタークローは可動王のが偶然ジョイントがピッタリでした。
接続はゴジュラス作ったとき、大量にあまったボールジョイントの軸を削ってお手軽にくっつけてみたり。

No.237 / 武装神姫 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.15  武装パワー大暴走 <<23:33


ぺたん


更新が滞ってたのにはもうひとつ理由がありまして、最近ずっとコナミの武装神姫で遊びまくってました。詳しくはリンク先を参照してもらうことにして、これまでの本ブログでもおわかりいただけるよーにこの手のアクションフィギュアにゃ目がない俺ちゃんは発売と同時にさっそく飛びついたワケで。
んなわけで武装神姫の第一弾、ストラーフをご紹介。

約15cmくらいか?


素体の原型はこれまでもネタにしてきたアスカやセイバーさんと同じ浅井真紀氏で、前者の構造をさらに発展させたようなボディとなってます。
作りはいい意味で玩具っぽく、可動箇所が多いわりにしっかりしててよいです。
あとぽっこりした下っ腹がエロい。実にエロい。
下っ腹にここまで力入れる人は他に知りまへん。

ミクロマンっぽい


手足のスペーサーをこうしてジョイント付きの拡張スペーサーと交換することで、パーツを装着し文字通り武装できるように。

だるまさん


手足、さらに胸のパーツもごっそり外して交換します。




そしてアーマー装着。
この複腕とピーキーに長い足パーツというデザインがたまりまへん。
各部のジョイントは共通なので、パーツを組み替ればいろいろとカオスな合体もできます。

ドリル装備


とここまでざっくり紹介してきた通り、これだけ作りがしっかりしてる上にいろいろ遊べるアクションフィギュアは始めてですわ。
思わず新しくカテゴリ作っちゃうくらいに感動した。
コナミがアムドライバーに超星神シリーズと、大量に在庫玩具の山を築いてきたのは無駄じゃなかったよ!
そんなこんなで激しく遊びまくってるんですが不満点もなきにしもあらずでね~、そのうちのひとつは塗装がけっこう落ちやすいこと。下っ腹をナデナデしてると即ハゲてきます。トップコートを吹いとくべきか。
あと、拡張スペーサーが意外とモロくて普通にパーツつけただけで割れそうに。この二点はなんとか改善してもらえないかな~と。
特にスペーサーはちっこいんで超無くしやすく、できれば別売していただきたく。
そのへんも含めて、これからのシリーズにも期待していきたいです。

No.236 / 武装神姫 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.14  何とかなれ <<22:40


すいませんねえええええ最近更新が滞ってて。
あのですね、実はプライベートの方でいろいろありまして、親戚が入院したり親が交通事故にあったりと大変だったですよ。幸いほとんどケガはなかったんだけど、車検からまだ一ヶ月も経ってない車がもうスクラップよ。ああー。
相手はもう免許取り上げた方がいいんじゃね?ってくらいいろいろと曖昧な老人で、こっちが直進してるのにいきなり曲がろうとしてきたそーで。教習所通ってた頃も毎日のように高齢者教習やってたけど、やっぱ老人ドライバー怖いよ!
しかも俺も車のディーラーさんが訪ねてきた時に車庫入れ失敗してるとこ見られたし、もうだめだ(関係ない)。
そんなこんなでサボってたら、はやいもんでこのサイトも一周年ですよ。
とりあえず歌年鑑もあと1年分を残すのみなんで、今月中にはなんとかします。アバウトすぎ。

No.235 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.10.12  戦闘機械獣のすべて <<22:18


Say Mk-II


今度はネオブロックスのゴジュラスMk-IIを買ってきたよ。
ネオブロックスとはブロック形式でパーツを組み替えられる非動力式ゾイドの新シリーズで、ゴジュラスやアイアンコングなどの旧ゾイドもリメイクされてます。
旧ゾイドがリリースされると聞いてちょっと興味あったものの、すでにMk-IIの発売がアナウンスされてたんでそっち買えばいっか、と思ってゴジュラスには手ぇ出しませんでした。
ってまたこのパターンかよ。

ブロッカー軍団


胴体はこんな感じでブロックを組み合わせた構造になってます。
旧キットに比べるとさすがに細身か?
アーマーで半固定されてるものの、しっぽも左右に振れたり。

新金粉マン


パイロットは共和国謹製金メッキ兵ながら、旧ゾイドのそれとは造形が異なりサイズもやや小さめ。少年兵?

旧金粉マン


このサイトの右隅でおなじみ、旧共和国兵も実はふつーに乗れます。

けつ


元のゴジュラスMk-II同様、後部が重くなったためしっぽにスタビライザーを装備。
しかしビガザウロやマンモスと同じ共和国モーターボディをムリヤリタテに使ってて不安定な旧キットに比べると、必要性は薄めです。

ズコー


ノーマルゴジュラスのランナーをそのまま流用してるんでこっちにも組めます。
値段もたいして変わらないし、今ノーマルゴジュラス買うメリットは色くらいでしょーか。
(個人的にゴジュラスで一番好きなのは白い量産型カラーなんだけど、実は)
しかしノーマル版のキャノン砲はごらんの通り貧弱貧弱ゥだったもんで、もしかしてMk-IIもこのまんまか?と危惧してたらちゃんと太ましい新型キャノンがついてきて一安心。

ヤクトミラージュみたいな


キャノンは両方同時装備可能。
やっぱこういうのいいよね!
小学生が考えた、とにかく武器つけとけ!みたいな発想で。

前斜姿勢はちょっと無理だったか


んなわけで、ブロックス自体初めて触れてみたんですがなかなかのデキでした。
量販店なら1000円程度で買えるし。
実際ゴジュラスも主役張ってたのはごく初期とMkII登場時だけで、あとはどっちかっつーとヤラレ役だったんですがそれでもやっぱ旧ゾイドでは思い出深い、象徴的な機体ですわ。
しかしアニメではシュバルツ兄の愛機として片腕を犠牲にしてデスザウラーを止めたり、ウルトラザウルスの背中によじ登ったりと八面六臂の大活躍をしてたライバルのアイアンコングに比べ、あんまゴジュラスの出番がなかったのにはワケがあってね…。
なんせCGのデータが大きすぎて、まともに動かせなかったんだよ!
おかげでデスザウラー戦では二機まとめてあっさり首チョンパされるハメになったのでした。

No.234 / 玩具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。