俺も間違ってると思うけど



最近の記事




カテゴリー




月別アーカイブ




最近のコメント




最近のトラックバック




プロフィール


しーはつ

Author:しーはつ
金粉ショーで呼吸困難に陥っていた共和国兵時代の肖像



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.06.30  アースシーの風 <<23:12


ファンタジーと言葉 ファンタジーと言葉
アーシュラ・K. ル=グウィン (2006/05)
岩波書店

この商品の詳細を見る


ちかごろはル=グウィンのエッセイ集『ファンタジーと言葉』を読んでます。
(例によって非アフェのamazonリンク)
ル=グウィンの主張するところのジェンダー論は、深窓の令嬢のごとくかよわい俺ちゃんにとっては共感できる点もままあるんですが、『外伝』の前書きに続き再三再四繰り返されるファンタジーに対する商業主義批判を読んでると「お前、後でボロクソ言うネタにしようとしてわざと映画化OKしたんちゃうんか?」とあらぬ妄想が…。
こ、こえ~~~っ。

しかしゲド戦記大好きっ子というほどでもないけどまあ好きっ子の俺も、アースシーに行ってみたいか?と聞かれるとなんか貧乏くさそうだしちょっと、という気も。
クリーチャーがウロウロしてて殺伐としてる中つ国も怖いし。
エルフが陰険なのはシルマリルでおなじみだしな!
その点、わりと脳天気っぽいナルニアはOK。
すてきにねとねとする大きなマーマレード菓子マジ喰いたい。
カロールメンも観光目的なら楽しげですわん。

No.190 / 雑記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.29  GAPLUS <<22:14


超ロング


アッシマーに続いて、今度はHCM-Pro版のギャプランをゲトー。
というのはウソでゲーセンのプライズ『可変モビルアーマー』でした。
HCM-Proじゃ発売されてないのよ、ギャプラン……。
アッシマーよろしく、サイズ的にはMIAのが合うかもしれないけど。

実際はひとまわり大きいハズ


HCM-ProMk-IIとのサイズ比はこんなもん。
さすがにちょっとちっさいものの、まあ悪くない感じ。
各関節はいちおボールジョイントで可動するんですがコレが曲者で、どの関節もなんかユルユルなもんで瞬間接着剤でボール太らせたりと補強は必須ですわ。

グムー


MA形態……はさすがにちょっと厳しいか?シールドも伸びないし。
これでもボディを畳めたりとがんばっちゃーいるんですが。
(もともとの変形がわりと投げやりだってのはおいといて)

むしろこっちが本体


しかし本体よりも長いブースターがついてんのはポイントが高い。
コイツと合体させてやっと真価を発揮します。

つぶせるのかい?


つぶれろぉー!
ってギャプランの変形にめちゃめちゃビビってたカミーユだけど、背中に乗っかった時に腕生えてるの気づけよ!
宇宙でもメッサーラと戦ってんだし!
あ、ギャプランがとつぜん緑色のオーラを発したのにビックリしたのなら許す。

MSでもブースターつけっぱのがいいかも


んなわけで造りとしてはプライズだししゃーねーか、という感じのギャプランですがブースターがかっけーし、HCM-Proと並べて遊ぶにはよろしいかと。
フツーに立体モノのギャプランが欲しい人はHGUCの方がよさげ。
ま、300円で手に入ったもんだから結果オーライってことで。

ドダイ改もっててよかった


No.189 / オガンダム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.28  バーバーイエッ <<23:43


最近はゲームソングっつーかなんつーか、『シヴィライゼーション4』のOPばっか聞いてます。
解説およびダウンロードはこちら
聞くたびに心が洗われるようなゴスペルですわ、ゲームはあんだけ殺伐としてるのに。
かつてはスーファミ版のシヴィライゼーションに血道をあげてた俺ちゃんですが、日本語版が発売されたばっかの最新作『4』は実はやってまへん。
ホラ、ハマると実生活に支障をきたしそうなんで……。

No.188 / アニソン / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.26  Z MAN <<23:32


え~、まいどアレなネタばっかり書きちらしてるこのブログですが、今月は親類が入院したり(もうすっかりよくなったけど)私事でヘコんだりとちとナーバス(not輝竜戦記)になってたですよ。
あんまこういうとこでグチ書くのもなんなんで黙ってたけど。
いつものように、真夜中すっぱだかになって屋根に登り「摩天楼ブルース」を熱唱してストレス解消してました。
まってんろぶる~す♪
とりあえず心機一転、歌年鑑と長いこと放置してるエロゲコラムにやっとこさ手をつけ始めたんでしばしお待ちを。

No.187 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.25  少女鉄仮面伝説 <<00:16


もうワイドショーなんかでもちょくちょく話題になってる、南野陽子のフィギュアが予約開始。
タレントのフィギュアっちゅーと正直かなり厳しいのが大部分なんですが、これに関しては2.5次元的なディフォルメが効いてて意外とよいかも。
しかしお値段の方が……い、いちまんよんせんななひゃくえん!?
これを買っちゃうファンはかなりの業、いや強の者ですなっ。

そういや(よく叩き売りされてる)サッカー選手なんかのフィギュアって、どういう層が買ってるんでしょーか。アメリカじゃーああいう文化があんのかもしれないにせよ。

No.186 / 玩具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.24  乳酸菌、とってるぅ? <<00:44


体臭が気になるこれからの季節、みなさまいかがおすごしでしょうか。
とりあえず俺ちゃんも新しいデオドラントを買ってきたですよ。
いちおネットで情報収集してわりと評判のよかったAg+を選んでみました。
なんだかようわからんけど、銀の殺菌効果を利用してるってのが痺れるよね。
だって銀だよ?シルバーですよ?
うおおおっ!スィルバァーッ!
でもネーミング的にはボツになった『銀ちゃん』の方がよかったよ……。

他にもギャツビーのダブルシステムも好評だったんですが、こっちは特大のが置いてなかったもんで。そもそもダブルシステムってかっこいいよね、名前が。
うおおおっ!ダブル・システム、発動ッ!
って、なんでも叫べばいいってもんじゃねーぞ!

No.185 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.23  佐賀県 <<22:39


先日ネタにした『倒幕 アイテムコレクション』の詳細が、フィギュア通販の『萌え組』blogで明らかに。
……アームストロング砲と學問ノスゝメのセットって正直どうよ?
あと竜馬は万国公法でもよくね?とか。
逆に岡田以蔵毒まんじゅうセットはかなりアリです。
小銃はまず欲しいし、オマケの小物がかなり物欲を刺激するラインナップですな。

No.184 / 玩具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.22  UFO少年団 <<21:54


魅惑のバックショット


前回の続き。
さっそくMA形態いってみよー。

ゆうふぉ~、ゆうふぉ~、少年団~♪


変形シークエンス的にはMIAといっしょで、さらにカッチリ変形できます。
スタンドはMA形態でも使用可能。
ただ、バランス的に円盤部分がちょっと小さめか?

だからガウォークじゃねーって


ガウォーク形態はヒザが逆間接に曲がることで処理されてます。
いっしょにヒザ部分の装甲も可動。

( )


MIAとの比較。
こうして比べてみると、肩・腕の分割自体が別物なのがおわかりいただけますでしょーか。
MA時にラインが繋がるグリーンダイバー版のカラーリングはやっぱ好みですわ。

親亀の上に子亀がのって~♪


…てなわけでHCM-ProとMIA版のアッシマー両方をいじってみたわけですが、自分みたくガシガシ動かして遊びたい人間にゃ可動箇所が多いMIA版の方がやっぱよかった、かも。
HCM-Pro版にも平手の左手はついてるけど、MIA版のそれの方が表情豊かだし。
ディスプレイするならHCM-Pro版か?
や、カラーリングはグリーンダイバーズ版もよいんですが。
元カラーのイメージが強すぎるアッシマーのリペイントとしては、かなり上出来ですわ。

No.183 / オガンダム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.21  ジャージマン研 <<23:18


ジャージじゃねえ


今回はHCM-Pro版アッシマー・グリーンダイバーズver.を紹介してみます。
『グリーンダイバーズ』とはなにかっつーと、プラネタリウムのスクリーンで公開するよう制作された特殊な短編映画で、戦闘に巻き込まれたシャトルが謎の古谷徹声のカラバ兵が乗ったZガンダムに助けられるというストーリー、らしいです。
ゴメン、自分も実際は見てないのよ。
でもコレに登場する紺地に白ラインのジャージっぽい…もとい、オリジナルカラーのアッシマーはわりと好みだったんで、MIAのは持ってるけどこれならいっか~と買ってみました。
いちお初回限定生産ですが、そんなプレミアがついてるわけでもなく定価で手に入れたり。

おやこマシン


MIAとのサイズ比較。
量産型はブランの試作機に比べ、小型化されたと脳内解釈をでっちあげるべきか。




プロポーション的にはやや頭が大きめで、逆に肩は小さめです。
なんかSPTみたいなシルエットですな。
設定資料の上半身マッチョなプロポーションに一番近いのはプラモ版かも。
可動については上半身は肘二重間接なMIAの方が上、下半身は股が大きく開けたり接地がいいHCM-Proの方が上という印象。ただし、こっちは腰が可動しません。

ウギャアキン肉マーン!


マスクを外すと素顔が…もとい、モノアイを動かせます。
さすがに形状的な問題であんまり動きませんが。
これなら、映画で初登場したサブ・モノアイに換装できるギミックでもよかったような。

マラサイは発売されてないってのに


テレビ版で使用したマラサイ用ビームライフルもついてます。
もうひとつ、アッシマーのウリはディスプレイスタンドが付属している点で、これは一部を除いた他のHCM-Proシリーズにも流用できます。

Mk-IIもセット用のスタンドがあるんだけど


シンプルなスタンドながらかなり使い勝手はよく、これがあるとないとじゃ天と地の差。
いっそ総てのHCM-Proにコレをつけてくれてもバチはあたんないのに。
今日はおねむなので、変形についてはまた次回。

No.182 / オガンダム / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.06.20  世に棲む日々 <<22:47


いつものミニチュア武器シリーズに新作が登場
やー、なんだこのストレートなタイトル。
しかしこれまでには珍しい、小銃とか三味線なんかにはセンスを感じないでもなかったり。
このシリーズは最近イマイチだったけど久々にメタルファイヤー、燃えてきたよ!
あと『真・三國無双武器大全』の続編も発売予定。
こっちは白羽扇とトンファーがあればいっかな…

ちなみに、以前ネタにした『イース アイテムコレクション』はめでたく発売中止になりました。
あぁん。
こっちは最初から微妙っぽいムードが漂ってたのでやむなしか?

No.181 / 玩具 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。